返済金額を把握する

カードローンでは借入れした金額に応じて返済の義務が生じます。カードローンの返済は比較的自由がききますが、そのほとんどは好きな時に返済すればいいというわけにはいきません。最低限返済しなければいけない金額が決まっています。

 

カードローン会社によって返済方式に違いがあるので、100万円借りたらいくら返済すると一概には言えません。しかしある程度の傾向はあります。カードローンの契約時には借入限度額が設定され、限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し借入れが可能です。この限度額に応じて返済額が変動するか、現在の借入残高に応じて返済額が変動するか、どちらかを採用しているカードローンが多いです。

 

例えば10万円借入れした時には毎月4,000円の返済、借入が20万円になったら6,000円の返済になる、といった具合です。残高が10万円までなら4,000円の返済、10万円超20万円以下なら6,000円、といった具合に、残高に対して段階的に返済額が変動する返済方式を、残高スライド返済方式といいます。

 

その中でも元金均等と元利均等がありますが、カードローンでは元利均等方式が多く採用されています。両者の違いは、元金の減りを一定にするか返済額を一定にするかです。元利均等方式が採用されているので、追加融資をしなければ毎月一定額を返済していきます。

 

ある程度の金額まで返済金額を抑えて借りたい方は、30万円以下の借り入れで7,000円からの返済となるオリックス銀行カードローンの返済プランに注目です。