返済を工夫して完済を目指す

カードローンで借入れをすると、限度額や借入残高に応じて毎月の返済が生じます。カードローンの返済方式によって、返済する金額は様々です。

 

例えば10万円借入れした場合でも、返済額が2,000円のカードローンもあれば、10,000円のカードローンもあります。両者では8,000円もの違いが生じますが、返済額が少ない程、払ったお金の多くが利息に消えています。最終的に支払総額が大きくなってしまうのは、返済額が少ない方のカードローンです。

 

毎月の決まった金額の返済を約定返済といい、これは最低限返済しなければならないお金です。早期返済したい時、お金に余裕がある時には、約定返済額以上のお金を返済したり、返済日とは別での返済をしたりできます。こちらは随時返済といいます。約定返済が2,000円からのカードローンは、返済の負担は少ないですが、中々完済できないというデメリットもあります。この場合には、随時返済を活用して、効率的に返済を行えます。

 

カードローンと上手に付き合う人、常に完済する人は、随時返済を積極的に行う傾向にあります。しかし中には、随時返済を行えずにいつまでも限度額いっぱいまで借りてしまう人もいます。

 

計画的に随時返済を行え、無理なく返済していきたいなら返済額が少ないカードローンを選ぶとよいでしょう。計画的に随時返済を行う自信がないなら、初めから返済額が多いカードローンの方が返済しやすいでしょう。

 

また、随時返済を活用するならATMなどの利便性にも注目です。返済のたびに手数料がかかるなどとなると余計な負担が増えてしまいますので、いつでも手数料が無料となるオリックス銀行のATM返済を使うようにしましょう。