毎月どれくらい返済するのか

カードローンでは限度額や金利はすぐにわかりますが、毎月の利用状況のイメージがわかりにくいかもしれません。例えば50万円借入れした時に、カードローン会社によって毎月返済する金額は変わります。

 

カードローンの比較では金利や即日融資対応などをよく見られます。しかし、毎月いくら返済するのかも、利用していく上ではとても大切です。

 

 

残高や限度額に応じて変化する

10万円借りた場合も100万円借りた場合も返済額が同じという訳にはいきません。各カードローンでは返済方式について説明がありますが、残高スライド定額リボルビング方式などと言われても、ピンと来る人の方が少ないでしょう。

 

大雑把に言えば、借入残高、もしくは限度額に応じて返済額が変動するようになっています。借入額が増えれば毎月の返済も増えますが、1円単位ではなく、多くは1,000円単位で返済額が上がります。

 

実際の返済額の例

例えばアコムの場合、借入れ10万円で返済額は3,000円、20万円で6,000円、50万円で15,000円まで上がります。アイフルの場合には、借入れ10万円で返済額は4,000円と高額ですが、20万円で8,000円、50万円では13,000円と、アコムよりも下がります。一概にどちらの返済額が少ないとは言えないのです。

 

消費者金融の場合、借入れに対して何%、1,000円未満は切り上げというような計算方式が多いです。このパーセンテージが金額によって変動するので、1つ1つ見ていくのは面倒です。

 

中にはもっとシンプルな方式のカードローンもあります。例えば三井住友銀行カードローンの場合、借入残高50万円以内なら、返済額は一律1万円です。100万円以下なら15,000円、200万円以下なら20,000円と変動していきます。少額の借入れでも1万円の返済が必要ですが、返済額の把握はわかりやすいです。

 

メガバンクの場合にはみずほ銀行カードローンも似た内容となっていますが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックだけは毎月の返済金額が少なく抑えられています。

 

金利面ではメガバンク同士にそこまで大きな違いはありませんが、毎月の返済金額を考えて借りるならしっかりと見比べる必要があります。

 

約定返済と随時返済

毎月の返済額は、あくまで最低返済しなければならないお金で、これを約定返済といいます。カードローンは他のローンと比べると繰り上げ返済も自由に行えます。約定返済とは別に自由に行う返済を随時返済といいます。借入を減らしたいならば、随時返済で繰り上げて返済していけます。

 

随時返済は、返済日に大目に返済してもいいですし、返済日とは別に返済を行ってもかまいません。余裕のない時には約定返済のみ、ボーナスなど臨時収入などが入れば随時返済を追加で行っていけば、借入残高はどんどん減っていきます。

 

カードローンの上手な付き合い方のコツは、できるだけ随時返済を活用するところにあります。

 

少額の返済にしておく良さ

毎月の返済金額はなるべく少なくしてある方が、計画的に返済ができると言えます。随時返済を活用するなら毎月の返済金額が小さくてもお金の余裕に合わせて返済ができるためで、余裕がなければ約定返済金額だけを入金して凌げます。

 

しかし、返済金額が大きくなっている契約の場合には、余裕が無い月に少しの入金とすることができません。約定返済額を下回ってしまえば不足入金として処理がされてしまいますので、信用情報にも良い影響を与えません。

 

銀行は金利が低いために毎月の返済金額も少なくなっている場合が多いですが、上に挙げたように一部の銀行では金利が低くても返済金額は大きくなっているカードローンもあります。逆に消費者金融でもプロミスの場合は少額利用時には返済金額は少しで良いことになっているので、チェックをしてみましょう。

 

プロミスでの借り入れを考える際にはネット上での情報のほかに、店舗がある大阪市のプロミスを使うのも一つの手でもあります。